Copyright ©  visiongym Inc. All rights reserved

よくあるご質問

EMSとは何ですか?

EMSとは、身体の局所に刺激を流す電気インパルス(振動)であり、筋肉を刺激し生理学的収縮を引き起こします。 これは、脳によって制御される運動神経システムと同じような自然なプロセスと同じものです。 自然の筋肉収縮は積極的に神経系を使用し、顕著な神経疲労をもたらす事が出来ます。

EMSの主な目的は、トレーニング運動に加えて、筋肉リハビリテーションの一部として筋肉を強化することでもあり、以下の活用方法もございます。

  • 筋肉を怪我した後に、回復するために活用。

  • 運動後または運動中に筋肉を強化したり、整える。

  • 痛みを和らげる。

  • リフレッシュしたいとき などにお楽しみください。

数年前から、EMSは有名な運動選手や理学療法士には欠かせないものでした。そのメリットと優れた結果については、多くの評価を受けています。

トレーニングに、危険な側面や後遺症などの影響はありますか?

いいえ、トレーニングは全く危険ではありません。
電気筋肉刺激は、数十年間、カイロプラクター、医師、および整骨医[療法家]によって使用されてきました。 最近、個人的なトレーニングの進歩が始まったばかりです。機械自体は、非常に低電圧の電気インパルスを使用します。

振動は神経系には非常に危険ですか?

いいえ、電気的衝動が神経系を傷つける危険はありません。
低周波インパルス(振動)の使用は、トレーニングおよびリハビリ治療に広く使用されており、EMSは電気インパルスを筋肉に直接送るという自然な原理を使用しています。

特定の健康状態がある場合EMSトレーニングを避けるべきですか?

ほとんどの人はEMSトレーニングを利用することができますが、 これまでのスポーツに参加できないような健康状態がある場合は、 医師の承認を得る必要があります。

申し訳ございませんが、次の条件を満たすクライアントを受け入れることはできません。

  • 妊娠している方

  • 心臓ペースメーカーの使用の方

  • 重度の循環器障害および動脈循環器障害の方

 

出産後のトレーニングにEMSは適してます?

はい、出産後、わずか6週間から可能です。
EMSが深部骨盤底筋肉を迅速かつ効果的にトレーニングすることを明確に示す多数の研究があります。 妊娠中に過度に伸びている結合組織および皮膚構造の自然な回復に当てはまり、効果的です。

EMSトレーニングで傷ができますか?

EMSのトレーニングは、従来のトレーニングよりも激しいものではありません。
セッションの終わりまでに、あなたのトレーニングの強さに応じて、休息と水分補給が必要になります。 装置は低インパルス周波数を使用しますが、インパルスを受信し経験した人は少し慣れているかもしれませんが、それは決して苦痛ではありません。

私は何もせず、EMSマシーンがすべてを行ってくれますか?

技術だけでは完全な効果を発揮できません。
この技術は、あなたが行うエクササイズの効果を高めますが、効果を得るためにエクササイズをしなければなりません。 各セッションでは、私たちパーソナルトレーナーと、プレスアップ、スクワットなどのエクササイズを行います。 運動すると、電気パルスが筋肉を刺激し、運動ルーチンの効率を劇的に改善します。

年齢制限はEMSトレーニングにありますか?

EMSを使用するための最低年齢は16歳で、年齢上限はありません。
私たちは90歳代のトレーニングを行う事もあります。私たちのインストラクターは、あなたの目標とフィットネスレベルに応じて、 各筋肉群をコントロールし、トレーニングセッションの強度を調節することによって、セッションを適応させることができます。

EMSトレーニングの結果が現れるまでにどれくらいの時間がかかるでしょうか?

私たちのクライアントの報告によると通常、4~6回のセッションで目に見える結果を示します。
あなたの最初のセッションから、それぞれの体重および体力のレベルに応じて、少し長くかかる場合も、または短期間で効果が出る場合もあります。

どのようなトレーニング機材ですか?

visionbody ワイヤレス EMSシステムは、2015年1月にドイツで発売されました。次世代のEMS技術です。
visionbodyは、電気筋肉刺激装置の市場リーダーメーカーです。 私たちが使用するデバイスは、20カ国以上で販売されており、毎月20万回以上のトレーニングが行われています。

トレーニングの長さはどのくらいですか?

トレーニングの長さはおよそ20分間が最適です。
実際のトレーニングに入る前に、スーツに着替える必要があります。初心者の場合は、簡単な装置の時間も含めると、合計で、30分~40分を費やすことになります。

どのくらいの頻度でトレーニングを受けることができますか?

週に2回トレーニングを受けることをお勧めします。
各トレーニングセッションの後、通常は身体が回復するのにおよそ24~36時間かかり、その結果、週3回以上のセッションを行うことはお勧めしません。 進行状況を見て体がそれに応じて調整されるので、トレーナーの推薦に基づいて週に3回トレーニングすることができます。